Top >  にきびとは? >  さまざまなにきびの種類

スポンサードリンク

さまざまなにきびの種類

にきびにはいろんな種類があります。

色だけをみても、白いにきび、黒いにきび、赤いにきび、膿がたまっている(黄色のにきび)などです。

具体的には、白いにきびは、にきびの毛穴がふくらんでいる発疹で白くなっています。

黒いにきびは、毛穴が膨らんでいた白にきびの角質が押し上げられ外へ出てきたもので、黒くなっているのは、内部のものが空気に触れて酸化してしまったからです。

次に赤いにきびは、黒いにきびの酸化した部分に雑菌が付着して、炎症を起こしてしまい赤くなったものです。

黄色いにきび(膿にきび)は、赤いにきびがもっとひどくなり化膿してしまったものです。

これでわかるように、白いにきびが一番最初、初期の段階で、黒にきび→赤にきび→黄にきび、の順で悪化していきます。

一番の問題は、このにきびが炎症を起こしてしまうことです。

黒いにきびの状態はコメドと呼ばれており、にきびになる予備軍だといわれています。

この頃だとまだ比較的に治りやすいのですが、赤にきび以降になってしまうと、完治するのに、時間がかかってしまいます。

このことから、一番治療をするのに適している段階は、白にきび、または、黒にきびの段階になります。

 <  前の記事 にきびの圧出  |  トップページ  |  次の記事 肌のタイプとにきびの関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。