Top >  にきびとは? >  肌のタイプとにきびの関係

スポンサードリンク

肌のタイプとにきびの関係

自分の肌のタイプは何か、肌のタイプを知ることは、自分の肌をきちんとケアしていくためには大変重要なことです。

これは、肌のタイプでにきびの出来る原因も違ってくるし、ケアの仕方も違うからです。

皮脂が過剰に分泌している人と、乾燥しすぎでにきびが出来てしまっている人では、ケアの仕方が違ってきます。

このことから、肌の基本的タイプは大きく2つにわけることが出来ます。

皮膚に油分が少ないかさかさしている肌のタイプを乾燥肌といい、反対に皮脂が多くて、油っぽい、べとべとしたタイプの肌を脂性肌と呼びます。

人によっては、顔の部分でタイプの違う場合があります。

頬は乾燥していて、Tゾーンは脂っぽい、鼻の周りが特に脂っぽいなど、このような肌のタイプを混合肌と呼んでいます。

このタイプのほかに、特に気をつけておかなければならないタイプの肌があります。

アレルギー反応を起こしやすいような敏感肌です。

敏感肌だと、いろんな刺激に対して敏感でアレルギーを起こしてしまう性質があります。

毎日の洗顔石鹸、化粧品などで、試したり、また新しく使い始めるときなどは特に注意が必要です。

昨日までは普通肌だった人がいつ敏感肌になるかわからないので、化粧品や石鹸などでおかしいな?と異常を感じたら、すぐに使用を中止しておきましょう。

 <  前の記事 さまざまなにきびの種類  |  トップページ  |  次の記事 にきびができる原因(外因)には、どんなものがあるか?  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。