Top >  にきびとは? >  にきびができる原因(外因)には、どんなものがあるか?

スポンサードリンク

にきびができる原因(外因)には、どんなものがあるか?

内側からくるといわれているものとして、一般的にあげられているものには、ホルモンのバランス、睡眠不足、食生活、ストレスなどがあげられます。

これらは、にきびが出来やすい理由のひとつです。

それでは、外からくる要因はなんでしょうか?いがいと知られていないようですが、多くの要因があります。

肌にあっていない化粧品や、石鹸を使用すること。不潔にしていることや、活性酸素などがあげられます。

ほかにも肌が乾燥しすぎていたり、薬などから来る場合もあります。

それから大きな問題としてあげると、これらの問題1つでにきびが作られてしまうのではなく、いくつかの原因がかさなりにきびを引き起こしてしまうのです。

原因が1つではないため、改善させるのが難しく簡単に治らないことが多いのです。

考えられる問題点を1つずつ解決していくことがにきびを治す要因といえるでしょう。

 <  前の記事 肌のタイプとにきびの関係  |  トップページ  |  次の記事 にきびが出来たときに注意しなければならないこと  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。