Top >  にきびとは? >  にきびが出来たときに注意しなければならないこと

スポンサードリンク

にきびが出来たときに注意しなければならないこと

次ににきびが出来てしまったら、注意しておかなければならない事項がいくつかあるのであげてみましょう。

にきびが出来る原因は、肌の毛穴をふさいでしまうことで起こります。

毛穴をふさいでしまわないようにしましょう。

特に女性で気をつけておきたいのは、毎日のメイクです。

油性の化粧品は、毛穴をふさいでしまいがちです。

また肌で気になる箇所があっても指で触らないように気をつけましょう。

にきびは、手や指についている雑菌などから次第に悪化させてしまうからです。

手や指でにきびの患部を刺激しないよう注意することが大切です。

額などでは、髪の毛が触れてにきびを悪化させてしまうことがあります。

出来てしまったにきびは、つぶしてしまいたくなるような事があると思いますが、汚れた爪で悪化させてしまいますので、つぶさないようにしましょう。

にきびや肌を痛めたり、悪化させてしまいます。

次に、過剰な糖分や脂肪分といったものは、脂分のもとになるので、出来るだけとらないよう心がけましょう。

チョコレートや、ピーナツなどのナッツ類はてきめんです。

食事のバランス、食べ物のバランスに十分注意しましょう。

次に便秘や、ストレス、睡眠不足、月経不順などもにきびを増加させたり、悪化させてしまう原因となります。

毎日の生活をリラックスし、健康的に送ることが重要です。

 <  前の記事 にきびができる原因(外因)には、どんなものがあるか?  |  トップページ  |  次の記事 にきびのお薬について  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。