Top >  にきびとは? >  にきびのお薬について

スポンサードリンク

にきびのお薬について

市販の薬には、にきびの治療薬として、「医薬品」と、「医薬部外品」と、2種類が薬局で販売されています。

薬局では一般用のものとして、治療を目的に作られている医薬品を購入することができます。

私たちのにきびを綺麗にするという効果が医薬品にはあります。

また、炎症を抑え、皮脂を取り除いて、殺菌をする効果があるのです。

ですが、にきびの原因についての対応は出来ていないので、新しいにきびが次々と出来てしまう可能性があります。

この場合には、病院へ診察へ行き、処方をしてもらうことで、薬をもらうことが出来ます。

現在では、通信販売が出来る病院もあるようです。

現在の日本の医療をみてみると、西洋医学が発達しているので、つい皮膚に出来ているから、皮膚科へ、といった判断をしがちです。

ですが、にきびは漢方の得意な分野なのです。

このことから、自分のにきびのタイプを特定させることで、かなりの確立で治療ができるようです。

にきびの治療薬で安易に用いてはいけないものとして、副腎皮質ホルモン剤があります。

これは、一時的に非常によく効いているように思えるのですが、一時的なものなので、また感染してしまう可能性があります。

医薬部外品には、直接的ににきびを治すという効果はありません。

 <  前の記事 にきびが出来たときに注意しなければならないこと  |  トップページ  |  次の記事 10代の頃のにきびについて  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。