Top >  にきびとは? >  10代の頃のにきびについて

スポンサードリンク

10代の頃のにきびについて

10代の思春期の頃が、非常ににきびができやすい時期であるため、中高校生の半分以上がこのにきびで悩んでいるといった統計があります。

これは、この時期に皮脂分泌が特に多くなるためににきびが出来やすくなるといわれています。

また、女性の場合は、生理不順がにきびの原因といわれているように、生理前には特に女性ホルモンで皮脂の分泌を活発にさせてしまうため、にきびを悪化させてしまうおそれがあります。

最近の大人のにきびは原因が違います。

10代の頃に出来ていたにきびは、大人になるにつれてだんだんと肌の質が変化していくので、大人になるとできにくくなります。

この時期にちゃんとにきびのケアを行っていれば、にきびの跡を残さずに大人になっていきます。

にきびの跡が出来るのは、炎症が長引いたり、にきびが化膿してよくなるのに時間がかかった場合などです。

肌の質を変えていくために、食生活に気を配ったり、生活習慣を整えたり、スキンケア、サプリメントをちゃんとしたものにかえていけばにきびは確実に減っていきます。

皮膚に出来てしまったにきびの処置だけにきをとられがちですが、外用薬に頼るよりも、体の内部を改善していくことが大切なのです。

西洋医学の皮膚科の治療よりも東洋医学である、体の質の改善を行う漢方薬のほうが体の内部改善を行えるでしょう。

 <  前の記事 にきびのお薬について  |  トップページ  |  次の記事 大人になってからのにきび  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。