Top >  ニキビケア >  内服薬での治療

スポンサードリンク

内服薬での治療

ながいことにきびが出来ていると、体の内側からの治療が必要になってきます。

赤いにきびや、膿のでている黄にきびになると内服薬を服用したほうが効果的です。

このような状態になると、にきびには、いろんな雑菌が繁殖しているので、この菌を殺すために、抗生物質の内服します。

一般的ににきびに処方されている抗生物質には、テトラサイクリン系や、マクロライド系などのものが処方されています。

これらの薬には、必ず副作用がありますので、個人個人の体質や、アレルギーなどこの人に効き目があるので、私にも効き目があるだろう、といった内服の方法はやめておきましょう。

体質や飲み合わせなどによる副作用もあります。

抗生物質は非常に強い薬ですので、長い期間同じ薬を飲むことは非常に危険です。

その抗生物質に耐性が出来てしまい、菌がもっと強くなってしまいます。

これらのことから、にきびが落ち着いてきたら薬を減量し、ある程度の量でやめておくようにしましょう。

これらの薬は医師の処方で服用するようにしてください。

この抗生物質の中には、いろんな作用を持つものがあります。

殺菌作用だけではなく、ほかに皮脂の分泌を抑えるものもあります。

処方の方法には、殺菌能力がほんの少しで服用をはじめ、皮脂の量をコントロールしていく方法もあります。

抗生物質のほかに、内服される薬として、ビタミンB2、B6、Eなどがあります。

これらのビタミン剤はよく処方されているようです。

ですが、内服としてホルモン剤をにきびの治療で用いることはありません。

 <  前の記事 メイク落としとクレンジング  |  トップページ  |  次の記事 外用薬の効果  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。