Top >  ニキビケア >  外用薬の効果

スポンサードリンク

外用薬の効果

私たちがにきびが出来て最初に利用する薬は、外用薬です。

にきびの初期の軽度の場合では、市販薬で効果をみます。

市販薬の中に含まれているものとしては、ベンゾイル過酸化物が、アクネ桿菌に対する殺菌効果があるといわれており、皮脂の分泌を抑えることができるのです。

次に、レゾルシノール、サリチル酸、硫黄などは、角質溶解作用を持ち、白・黒にきびに効果があります。

赤いにきび、膿にきびになると、炎症を起こしているので、抗菌剤や炎症を抑える作用のある薬を使います。

現在では、一部の皮膚科において処方されている、レチノイドという新しいにきびの発生を抑える薬があります。

この薬は、コメドが形成されないようにする働きがあります。

この、レチノイドには、だんだんと副作用が改善されている傾向があります。

この段階のにきびには、内服薬を併用したり、またレチノイド単独で使用をします。

炎症を起こしている赤いにきびや膿にきびになると病院へいくことをおすすめします。

医師による処方で、抗生物質、ビタミン剤、角質をはがすための薬といった3つのタイプの薬が処方されることがあります。

外用薬には、クリーム状のタイプと、ローションタイプと2種類ありますが、クリームタイプよりもローションタイプのほうが効果的でしょう。

これらの薬には即効性はありませんが、毎日根気よく使っていくことで、1〜2ヶ月後には、効果がでてくるでしょう。

 <  前の記事 内服薬での治療  |  トップページ  |  次の記事 背中のにきび手入れ法  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。