Top >  ニキビケア >  にきびの跡を残さないためには。

スポンサードリンク

にきびの跡を残さないためには。

にきびが化膿しずっと治らないで放置していると、にきびの跡が残ってしまう場合があります。

これは、にきびが炎症を起こしている時に、炎症による色素が沈着してしまったり、周りの角質が硬くなり跡が残ってしまうことから起こります。

もうひとつの原因として、にきびを無理につぶしたりして皮膚を傷つけてしまうと、跡になってしまうのです。

また触らずに膿がでないままになっていたにきびは、最後に膿が破裂してしまい、皮膚に傷がついてしまって跡が残りやすくなります。
にきびの跡を残さないためには、初期の段階の白にきびや、黒にきびで治療することを心がけておき、それでも治らずに悪化してしまった場合でも、長く化膿したままの炎症の状態を続けさせないことです。

これには、生活のリズムを健康的に送ることや、治療として、皮膚科や、エステでビーリングをしたり、レーザー治療を行い圧出することも効果的です。

この方法は、出来てしまったにきびに対して非常に効果的ですが、対処療法なので、体の内部からの根本的な治療法だとはいえません。

漢方薬を併用し続けたり体のリズムを整え、食生活、ストレスをためないなどの、きちんとした生活を心がけることが大事です。

 <  前の記事 背中のにきび手入れ法  |  トップページ  |  次の記事 にきびとアクネスカー  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。