Top >  ニキビケア >  にきびとアクネスカー

スポンサードリンク

にきびとアクネスカー

にきびの跡のことを、アクネスカーと呼びます。

これは、感染を起こし、赤いにきびが先行してしまった場合に跡が残ってしまいます。

これは、炎症を起こしている患部の皮膚組織が壊れてしまうためです。

体の中には、最近の増殖に抵抗するために、白血球の中にある好中球というのが活発化してきます。

この好中球が最近を殺してくれているのですが、にきびが腫れている状態がまさに白血球と最近とが戦っていることを物語っているのです。

この後膿が出てきますが、この膿は、白血球と最近とが戦った結果白血球に退治された最近の死骸なのです。

白血球は、最近を倒す力があります。

でも、菌の増殖が広範囲になったり、患部の奥深くにまで及んでくると、皮膚の組織が破壊されたりして、傷が残ります。

炎症が治まると組織は次第に収縮をして、皮膚の表面が陥没したような跡をつくりクレーターのように凸凹が出来てしまうのです。

また傷跡は、皮膚組織が厚く肥大することがあります。

このようになると、皮膚がケロイドのようになり、皮膚内部の組織にまでダメージを受けてしまっているので、にきびの跡を完治させるのは難しいでしょう。

 <  前の記事 にきびの跡を残さないためには。  |  トップページ  |  次の記事 にきびはつぶしてしまうと  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。