Top >  ニキビケア >  食生活の影響

スポンサードリンク

食生活の影響

「皮脂」は、にきびの重要なファクターです。

皮脂の分泌があまりにも活発になると、にきびが出来やすくなってきます。

健康的な食生活でにきびを出来にくくすることができます。

それでは、どういったものを食べればできにくくすることが出来るのでしょうか。

避けたほうがいいものに、ナッツ類や、チョコレートがあげられます。

これらの食品がなぜ出来やすくするのか、因果関係は解明されていませんが、含まれる脂分や糖分が多いことが考えられます。

これらのものは減らしたほうがよいでしょう。

また、カフェインの多く入っているコーヒーや、カレー、スパイスのきいたエスニックフードなどもにきびにはよくありませんので、なるべく減らすようにしましょう。

これらの食品には、炎症をうながず活性酸素が増えていくので、お勧めできません。

ですが、全面的に禁止するのは、それでまたストレスになります。

こららの嗜好品、食生活などから少しずつへらし、一品たしていくなとという献立にするとよいでしょう。

カレーの時には野菜を多く食べるとか、サラダを1品増やすなど、それも困難な場合はビタミンABCを含むサプリメントを服用するなどいろいろな方法が考えられます。

出来ることから工夫をしていくことをお勧めします。

ビタミンのサプリメントには、相互作用があるので、1種類ではなくいくつかのものを飲むのがお勧めです。

 <  前の記事 にきびはつぶしてしまうと  |  トップページ  |  次の記事 寝不足はお肌の大敵  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。