Top >  ニキビケア >  寝不足はお肌の大敵

スポンサードリンク

寝不足はお肌の大敵

寝不足はお肌に悪いと、よく言いますが、にきびにとっても寝不足は大敵です。

私たちの皮膚は、寝ている時間に回復をしています。

睡眠時間の22時から深夜2時までを肌再生のゴールデンタイムとも呼ばれています。

にきびを治すためにはこの時間にしっかりと睡眠をとることが大切です。

実際のところ、この時間以外に睡眠を多くとったとしても、効果がでにくいといわれており、昼夜逆転して睡眠をとる生活をしているから昼間にたっぷり睡眠をとるなどしても、あまり効果がないようです。

薬を服用しても、寝不足だと効果がでにくいので、睡眠が大切だといえます。

これらのことからわかるようににきびを治療していくには、土台をつくることが大事だといえます。

毎日の肌のサイクルを壊さず、十分な睡眠は大切です。寝不足からくる直接的な肌の原因に、皮膚が脂っぽくなることがあげられます。皮膚が脂っぽくなれば、皮脂が毛穴をふさいでしまう可能性が高くなってきます。

その結果、にきびが出来やすい肌を作ってしまいます。

寝不足は、私たちの体自体にも影響が出てきます。

疲れがとれていないことから、活発に動く気になれず、寝不足が長期化していくと、動かないことが理由で、運動不足になっていき皮膚の新陳代謝が低下していきます。

またメンタルな部分にも悪影響を及ぼすでしょう。

 <  前の記事 食生活の影響  |  トップページ  |  次の記事 イオン導入法  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。