スポンサードリンク

« 2007年12月08日 | Top

【最新記事】

私たちは、にきびがやっと治ったあとをみてみると、跡が残っていたということがあります。

この皮膚に残っている跡は、皮膚科の治療で治すことが出来ます。

皮膚に残っている赤みや、茶色っぽいしみなどは、皮膚科の治療を受けることをお勧めします。

また、ひどい状況で、ケロイド状になっていたり、凸凹とクレーターのようになっていても対策はあるのです。

ですが、完治は難しいでしょう。

皮膚の残っている傷跡を目立たない状態に戻すことは可能です。

この方法には、物理的な方法と化学的な方法があります。

まず物理的な方法として、凸凹になっている皮膚の表面を物理的な方法で隆起している部位をレーザー治療によって削り取る方法があります。

また化学的としては、コラーゲンの生成を促進させていく方法です。

これは表面からではなく肌の内部からの回復です。

ビタミンC誘導体導入、ケミカルビーリング、ビタミンA誘導体療法などがあげられます。

このほかにも、直接肌の内部にコラーゲンを注入する方法もあります。

ですが、このコラーゲンは体に吸収されてしまうので、効果が半年から2年です。

スポンサードリンク

にきび治った!ニキビケア.com

にきびは青春のシンボル…。なんて言ってられないですよね。にきび跡を残さず、にきびをキレイに治すニキビケア!にきびができないニキビケア!ご紹介します。


更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo