Top >  にきびの治療法 >  光線力学療法、PDPとは?

スポンサードリンク

光線力学療法、PDPとは?

光線力学療法は、PDPとも呼ばれています。

これは、もともと癌の治療に利用されていました。

皮脂腺にアミノ酸であるアミノレブリン酸が選択され取り込まれるといった性質を利用した新しいにきびの治療法です。

治療方法は、まず最初にアミノレブリン酸を服用します。

すると、アミノレブリン酸が、体の皮脂腺に取り込まれていきます。

このアミノレブリン酸には、ボルフィリンという物質を体の中で作る性質があるのです。

このボルフィリン酸には、光を浴びることで、肌に活性酸素を作りだしていきます。このように、大量の活性酸素がアクネ桿菌をはじめとした菌をすべて殺菌していきます。

このボルフィリンの性質を利用したにきび治療には、クリアタッチや、クリアライトなどといったものに応用されています。

しかしこれまではアクネ桿菌には効き目があっても別の菌に対しては使えないものだったのです。

これらのPDPの治療法が画期的であるのは、アクネ桿菌以外のほかの菌も同時に退治をしてくれるからです。

 <  前の記事 家での手軽な治療方法、ケミカルビーリング  |  トップページ  |  次の記事 低容量ピル使用  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。