Top >  にきびの治療法 >  イオン導入法

スポンサードリンク

イオン導入法

にきびにとって重要なものとして、ビタミンCがあげられます。

ビタミンCは、皮脂の分泌を抑え、コラーゲンを作り、また活性酸素を除去していきます。

だからといってビタミンCを肌に直接塗ってもあまり効果はあがらないでしょう。

また、口からだと、体全体に回ってしまうので、特別この場所に、顔だけに、沢山届くこともないのです。

ここで、狙った場所の皮膚内に多くのビタミンCを浸透させるために、イオン導入を顔にします。

方法としては、具体的に、ビタミンC水溶液を作り、導入器を用いて、イオン化していき、これに微弱の電流を使って浸透させていくのです。

ビタミンCの性質として、空気に触れるとすぐに酸化してしまうといった不安定な物質で、酸化しやすくなっています。

最近では、この不安定さをなくすために、ビタミンC誘導体というものがよく使われています。

これによってイオン導入が、何もしなかった場合にくらべて20倍から150倍もの浸透力を高めています。

このイオン導入をするためには、イオン導入器を購入しなければなりません。

一部の皮膚科や、エステ、市販で販売されています。

肌のトラブルの元になるので、粗悪なものは購入しないように気をつけましょう。

 <  前の記事 寝不足はお肌の大敵  |  トップページ  |  次の記事 ケミカルビーリングとは?  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。