Top >  にきびの治療法 >  ケミカルビーリングとは?

スポンサードリンク

ケミカルビーリングとは?

お肌の角質層を溶かす方法に薬品を使った方法があります。

これは、一般的に皮膚科やエステで受けることが可能ですが、皮膚科のほうがより濃度の濃い物を使うことが可能です。

家庭用では、ケミカルビーリングの石鹸で角質層を溶かすことができます。

毛穴がふさがってしまっているためににきびができるのです。

ということは、この毛穴をふさぐ角質層を削り取ることで、ふさがっている毛穴の出口をひらくことができ、にきびになる原因を解消することが出来るのです。

ここで気をつけなければならないのが、無理に角質をはがしてしまうので、本来持っている肌のバリア機能、保護している機能が低下してしまい、保湿力も落ちてしまうのです。

また、紫外線などの影響も受けやすくなるので、紫外線の強い時期には避けておいてください。

夏だけでなく、ほかの季節でも、普段以上のケアを行ってください。

また、ビーリング剤の濃度が皮膚にあっていないと皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

この方法は、特に肌の弱い人は注意をして行ってください。

 <  前の記事 イオン導入法  |  トップページ  |  次の記事 クルモライトを使った治療法  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。