Top >  にきびの治療法 >  家での手軽な治療方法、ケミカルビーリング

スポンサードリンク

家での手軽な治療方法、ケミカルビーリング

にきび治療に非常に効果的な方法として、ケミカルビーリングがあります。

この、ケミカルビーリングには、自宅でできる手軽なものと、皮膚科でないと行えない濃度の濃いものがあります。

自宅で行う方法として、ホームケアセットやビーリング石鹸といったものがあります。

フルーツ酸を使用して行う、濃度が低めなケミカルビーリングは、手軽に自宅で行えます。

ですが、多くの皮膚科で使用されているものと同じ、グリコール酸を使用しているものや、かなりの濃度のものまで発売されています。

身近な昔からの民間療法としては、お風呂にゆずの皮をいれたり、みかんの皮をいれるといった方法や、りんごをむいた皮の内側を肌にはりつけたり、こすりつけたりするなどといったフルーツ酸を使用したビーリングの一種だといえます。

手軽にビーリングを行ってみたい、だけど怖くて試せないといった場合には、このりんごの皮を試してみるのはどうでしょうか?

強くこすり付けるのは良くありませんが、軽くなでるくらいで肌の状態が改善されていく可能性もあります。

また、強い濃度のものとしては、一部の皮膚科で使われているレチノイン酸配合のクリームを使ってもよいでしょう。

これは、個人輸入ができます。

ですが、かなり強いので、なるべく医師の診察の元で、使用するほうがよいでしょう。

 <  前の記事 ブラセンタによる毛穴引き締め効果  |  トップページ  |  次の記事 光線力学療法、PDPとは?  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。