Top >  にきびの治療法 >  低容量ピル使用

スポンサードリンク

低容量ピル使用

にきびが減る薬にピルがあります。

これは意外だと思われると思いますが、これには理由があるのです。

ピルには女性ホルモンが入っています。

ピルを飲むと女性ホルモンの量が増えていきます。

にきびの原因は、男性ホルモンの量なので、この男性ホルモンの量が相対的に減ることで、男性ホルモンを女性ホルモンが抑えてにきびを改善させてくれるのです。

これらは体の内部からできるにきびに対し有効なので、クリニックによっては、にきびの治療に際し、にきび治療用の低容量ピルを処方されることがあります。

ただ低容量のピルは保険が適用されないので注意しましょう。

次に中容量のピルは保険適用ですが、量が多くなると副作用も強くなるので、あまりお勧めできません。

反対に同じピルを服用してよく効いた人もいれば、中には毛が濃くなり、にきびが増えてしまったという人もいます。

これは黄体ホルモンの中に、Levonorgestrelという種類の男性ホルモンを刺激するからです。

この種類が含まれないものがよいでしょう。

ですが、ピルによる治療は効き方にも個人差があり、あくまで最終手段と考え、本来のピルを服用して治療する疾患のプラスアルファの効果だと考えるほうがよいでしょう。

 <  前の記事 光線力学療法、PDPとは?  |  トップページ  |  次の記事 にきびの跡の治療法  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治った!ニキビケア.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。